パリ象來ぬ ブ男ログ


久しく興奮してない……
by Pariszoukonu
外部リンク
カテゴリ
検索
ブログパーツ
その他のジャンル

<   2012年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


読みたい本の羅列20121028

《好兵帅克历险记(上)》,雅哈谢克著,星灿訳,外国文学出版社(二十世纪外国文学丛书)
《好兵帅克历险记(下)》,雅哈谢克著,星灿訳,外国文学出版社(二十世纪外国文学丛书)

[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-28 14:03 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列(『打ちのめされるようなすごい本』米原万里著よりの6)

『マサリクとチェコの精神』,石川達夫著,,成文社
『マサリクとの対話』,カレル・チャペック,石川達夫訳,成文社
『ロシアとヨーロッパ―ロシアにおける精神潮流の研究(1)』,T・G・マサリク著,石川達夫訳,成文社
『ロシアとヨーロッパ―ロシアにおける精神潮流の研究(2)』,T・G・マサリク著,石川達夫・長与進訳,成文社
『ロシアとヨーロッパ―ロシアにおける精神潮流の研究(3)』,T・G・マサリク著,石川達夫・長与進訳,成文社

『「悪霊」神になりたかった男』, 亀山郁夫著,,みすず書房
『コーカサスの金色の雲』,プリスターフキン著,三浦みどり訳,群像社
『時は夜』,ペトルシェフスカヤ著,吉岡ゆき訳,群像社
『ざわめきのささやき』,ナールビコワ著,吉岡ゆき訳,群像社

『凶犯』,張平著,荒岡啓子訳,新風社(文庫)
『十面埋伏(上)』,張平著,荒岡啓子訳,新風社(文庫)
『十面埋伏(下)』,張平著,荒岡啓子訳,新風社(文庫)

[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-25 23:46 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列(『打ちのめされるようなすごい本』米原万里著よりの5)

『チェチェンで何が起こっているのか』,林克明・大富亮著,,高文研
『誓い チェチェンの戦火を生きたひとりの医師の物語』,ハッサン・バイエフ著,天野隆司訳,アスペクト
『チェチェン やめられない戦争』,アンナ・ポリトコフスカヤ著,三浦みどり訳,NHK出版
『従軍のポリティクス』,青弓社編集部編,,青弓社
『巨大メディアの逆説―娯楽も報道もつまらなくなっている理由』,原真著,,リベルタ出版
『テレビの嘘を見破る』,今野勉著,,新潮社(新書)

『罪と罰、だが償いはどこに?』,中嶋博行著,,新潮社
『戦争の考古学』,佐原真著,,岩波書店(佐原真の仕事4)
『売文生活』,日垣隆著,,筑摩書房(ちくま新書)
『ヒトはなぜペットを食べないか』,山内昶著,,文藝春秋(新書)
『霊柩車の誕生』,井上章一著,,朝日新聞社(朝日選書)
『綾とりで天の川』,丸谷才一著,,文藝春秋(文庫)
『奇跡を起こした村のはなし』,吉岡忍著,,筑摩書房(ちくまプリマー新書)

『ある漂流者のはなし』,吉岡忍著,,筑摩書房(ちくまプリマー新書)
『人類と建築の歴史』,藤森照信著,,筑摩書房(ちくまプリマー新書)
『下山事件完全版-最後の証言』,柴田哲孝著,,祥伝社(文庫)
『象徴天皇制の起源―アメリカの心理戦「日本計画」』,加藤哲郎著,,平凡社(新書)

『日本人はなぜかくも卑屈になったのか』,岸田秀+小滝透著,,飛鳥新社
[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-25 21:59 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列(『打ちのめされるようなすごい本』米原万里著よりの4)

『騎馬民族は来なかった』,佐原真著,,日本放送出版協会(NHKブックス)
『魏志倭人伝の考古学』,佐原真著,,岩波書店(現代文庫)
『愛国少年漂流記』,宮脇修著,,新潮社
『M/世界の、憂鬱な先端』,吉岡忍著,,文藝春秋(文庫)

『帝国以後』,エマニュエル・トッド著,石崎晴己訳,藤原書店
『下山事件』,森達也著,,新潮社(文庫)

『〈自己責任〉とは何か』,桜井哲夫著,,講談社(現代新書)
『真説ラスプーチン(上)』,エドワード・ラジンスキー著,沼野充義・望月哲男訳,NHK出版
『真説ラスプーチン(下)』,エドワード・ラジンスキー著,沼野充義・望月哲男訳,NHK出版

『世界戦争犯罪事典』,常石敬一・秦郁彦・佐瀬昌盛編,,文藝春秋
『割れ窓理論による犯罪防止』,G・L・ケリング+C・M・コールズ著,小宮信夫監訳,文化書房博文社
『犬の科学―ほんとうの性格・行動・歴史を知る』,スティーブン・ブディアンスキー著,渡植貞一郎訳,築地書館
『安ければ、それでいいのか!?』,山下惣一著,,コモンズ

『ザマミロ!農は永遠なりだ』,山下惣一著,,家の光協会
『牛乳の未来』,野原由香利,,講談社

[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-25 16:05 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列(『打ちのめされるようなすごい本』米原万里著よりの3)

『きみの出番だ、同志モーゼル―詩人マヤコフスキー変死の謎』,ワレンチン・スコリャーチン著,小笠原豊樹訳,草思社
『磔のロシア―スターリンと芸術家たち』,亀山郁夫著,,岩波書店
『巨匠とマルガリータ』,ミハイル・A・ブルガーコフ著,水野忠夫訳,河出書房新社(池澤夏樹=個人編集世界文学全集1-5)

『花火屋の大将』,丸谷才一著,,文藝春秋(文庫)
『戦争と罪責』,野田正彰著,,岩波書店
『南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて―元兵士102人の証言』,松岡環編著,,社会評論社
『日露外交』,斎藤勉著,,角川書店
『ぬりつぶされた真実』,ジャン・シャルル・ブリザール+ギヨーム・ダスキエ著,山本知子訳,幻冬舎
『キャラクター小説の作り方』,大塚英志著,,角川書店(文庫)
『創造都市への挑戦』,佐々木雅幸著,,岩波書店(現代文庫)
『知られざるスターリン』,ジョレス・メドヴェージェフ+ロイ・メドヴェージェフ著,久保英雄訳,現代思潮新社
『言語学フォーエバー』,千野栄一著,,大修館書店
『社会主義崩壊から多民族戦争へ』,岩田昌征著,,御茶の水書房
『日露領土紛争の根源』,長瀬隆著,,草思社
『サハリン島(上)』,チェーホフ著,中村融訳,岩波書店(文庫)
『サハリン島(下)』,チェーホフ著,中村融訳,岩波書店(文庫)

『昭和史のおんな』,澤地久枝著,,文藝春秋(文庫)
『続昭和史のおんな』,澤地久枝著,,文藝春秋(文庫)
『完本昭和史のおんな』,澤地久枝著,,文藝春秋

『ソクラテスの最後の晩餐―古代ギリシャ細見』,塚田孝雄著,,筑摩書房(ちくまプリマーブックス)
[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-25 11:14 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列(『打ちのめされるようなすごい本』米原万里著よりの2)

『13階段』,高野和明著,,講談社(文庫)
『「テロリスト」がアメリカを憎む理由』,芝生瑞和著,,毎日新聞社
『アフガニスタンの診療所から』,中村哲著,,筑摩書房(ちくま文庫)
『医者井戸を掘る―アフガン旱魃との闘い』,中村哲著,,石風社
『医者、用水路を拓く―アフガンの大地から世界の虚構に挑む』,中村哲著,,石風社
『ドクター・サーブ―中村哲の15年』,丸山直樹著,,石風社
『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』,モフセン・マフマルバフ著,武井みゆき・渡部良子訳,現代企画室
『悪童日記』,アゴタ・クリストフ著,堀茂樹訳,早川書房(ハヤカワepi文庫)
『ふたりの証拠』,アゴタ・クリストフ著,堀茂樹訳,早川書房(ハヤカワepi文庫)
『第三の嘘』,アゴタ・クリストフ著,堀茂樹訳,早川書房(ハヤカワepi文庫)
『昨日』,アゴタ・クリストフ著,堀茂樹訳,早川書房(ハヤカワepi文庫)
『どちらでもいい』,アゴタ・クリストフ著,堀茂樹訳,早川書房(ハヤカワepi文庫)
『文盲アゴタ・クリストフ自伝』,アゴタ・クリストフ著,堀茂樹訳,白水社

『歯とスパイ』,ジョルジョ・プレスブルゲル著鈴木昭裕訳,河出書房新社
『異星人伝説―20世紀を創ったハンガリー人』,マルクス・ジョルジュ著,盛田常夫訳, 日本評論社
『猪谷六合雄―人間の原型・合理主義自然人』,高田宏著,,平凡社(平凡社ライブラリー)
『クヌルプ』,ヘルマン・ヘッセ著,高橋健二訳,新潮社(文庫)
『夜の記憶』,トマス・H・クック著,村松潔訳,文藝春秋(文庫)
『心の砕ける音』,トマス・H・クック著,村松潔訳,文藝春秋(文庫)

『笹まくら』,丸谷才一著,,新潮社(文庫)
『文学部をめぐる病い―教養主義・ナチス・旧制高校』,高田理惠子著,,筑摩書房(ちくま文庫)
『グロテスクな教養』,高田理惠子著,,筑摩書房(ちくま新書)
『女子・結婚・男選び』,高田理惠子著,,筑摩書房(ちくま新書)
『学歴・階級・軍隊』,高田理惠子著,,中央公論社(新書)
『日・中・台 視えざる絆―中国首脳通訳のみた外交秘録』,本田善彦著,,日本経済新聞社

『パンと塩』,R・E・F・スミス+D・クリスチャン著,鈴木健夫ほか訳,平凡社
『革命の堕天使たち―回想のスターリン時代』,アイノ・クーシネン著,坂内知子訳,平凡社
『歴史としての野坂参三』,和田春樹著,,平凡社

『国境を越えるユートピア―国民国家のエルゴロジー』,加藤哲郎著,,平凡社(平凡社ライブラリー)
『明るい夜暗い昼―女性たちのソ連強制収容所』,エヴゲーニヤ・ギンズブルグ著,中田甫訳,集英社(文庫)
『続明るい夜暗い昼―女性たちのソ連強制収容所』,エヴゲーニヤ・ギンズブルグ著,中田甫訳,集英社(文庫)
『続々明るい夜暗い昼―女性たちのソ連強制収容所』,エヴゲーニヤ・ギンズブルグ著,中田甫訳,集英社(文庫)

『パンツが見える。―羞恥心の現代史』,井上章一著,,朝日新聞社(朝日選書)
[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-25 00:01 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列(『打ちのめされるようなすごい本』米原万里著より)

『ゴルバチョフ回想録(上)』,ミハイル ゴルバチョフ著,工藤精一郎・鈴木康雄訳,新潮社
『ゴルバチョフ回想録(下)』,ミハイル ゴルバチョフ著,工藤精一郎・鈴木康雄訳,新潮社

『不実な美女か貞淑な醜女か』,米原万里著,,新潮社(文庫)
『記憶力を強くする』,池谷裕二著,,講談社(ブルーバックス)
『日本語の値段』,井上史雄著,,大修館書店
『日本語ウォッチング』,井上史雄著,,岩波書店(岩波新書)
『モダンガール論』,斎藤美奈子著,,文藝春秋(文庫)

『部落がかわる』,上杉聰著,,三一書房
『よみがえる部落史』,上杉聰著,,社会思想社

『脱ゴーマニズム宣言』新装改訂版,上杉聰著,,東方出版
『謝々!チャイニーズ』,星野博美著,,文藝春秋(文庫)
『転がる香港に苔は生えない』,星野博美著,,文藝春秋(文庫)

『過去と思索(1)』,アレクサンドル・ゲルツェン著,金子幸彦・長縄光男訳,筑摩書房
『過去と思索(2)』,アレクサンドル・ゲルツェン著,金子幸彦・長縄光男訳,筑摩書房
『過去と思索(3)』,アレクサンドル・ゲルツェン著,金子幸彦・長縄光男訳,筑摩書房
『スターリン秘録』,斎藤勉著,,扶桑社(文庫)
『赤いツァーリ スターリン、封印された生涯(上)』,エドワード・ラジンスキー著,工藤精一郎訳,日本放送出版協会
『赤いツァーリ スターリン、封印された生涯(下)』,エドワード・ラジンスキー著,工藤精一郎訳,日本放送出版協会
『「スターリン言語学」精読』,田中克彦著,,岩波書店(現代文庫)

『未完の女』,リリアン ヘルマン著,稲葉明雄・本間千枝子訳,平凡社(平凡社ライブラリー)
『決定版ユダヤ・ジョーク集』,ラビ・マービン・トケイヤー著,加瀬英明訳,実業之日本社社
『プロになるための文章術―なぜ没なのか』,ノア・リュークマン著,池央耿訳,河出書房新社

『スターリンの捕虜たち シベリア抑留』,ヴィクトル・カルポフ著,長勢了治訳,北海道新聞社
『会いたかった人、曲者天国』,中野翠著,,文藝春秋(文庫)

『革命の中央アジア―あるジャディードの肖像』,小松久男著,,東大出版会
『史科スルタンガリエフの夢と現実』,山内昌之編訳,,東大出版会
『角川世界史辞典』,西川正雄ほか編,,角川書店

[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-24 17:56 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列20121024

『ご臨終メディア…質問しないマスコミと一人で考えない日本人』,森達也・森巣博著,,集英社(新書)

『なぜ古典を読むのか』,イタロ・カルヴィーノ著,須賀敦子訳,河出書房新社(文庫)
『見えない都市』,イタロ・カルヴィーノ著,米川良夫訳,河出書房新社(文庫)
『不在の騎士』,イタロ・カルヴィーノ著,米川良夫訳,河出書房新社(文庫)
『柔かい月』,イタロ・カルヴィーノ著, 脇功訳,河出書房新社(文庫)
『宿命の交わる城』,イタロ・カルヴィーノ著, 河島英昭訳,河出書房新社(文庫)
『レ・コスミコミケ』,イタロ・カルヴィーノ著,米川良夫訳,早川書房(ハヤカワepi文庫)
『カルヴィーノ アメリカ講義』,イタロ・カルヴィーノ著,米川良夫・和田忠彦訳,岩波書店(文庫)
『むずかしい愛』,イタロ・カルヴィーノ著,和田忠彦訳,岩波書店(文庫)
『魔法の庭』,イタロ・カルヴィーノ著,和田忠彦訳,筑摩書房(ちくま文庫)

『くもの巣の小道』,イタロ・カルヴィーノ著,米川良夫訳,筑摩書房(ちくま文庫)
『木のぼり男爵』,イタロ・カルヴィーノ著,米川良夫訳,白水社(白水Uブックス)
『マルコヴァルドさんの四季』,イタロ・カルヴィーノ著,関口英子訳,岩波書店(岩波少年文庫)
『カナリア王子―イタリアのむかしばなし』,イタロ・カルヴィーノ著,安藤美紀夫訳,福音館書店(文庫)
『まっぷたつの子爵』,イタロ・カルヴィーノ著,河島英昭訳,晶文社
『冬の夜ひとりの旅人が』,イタロ・カルヴィーノ著,脇功訳,筑摩書房(ちくま文庫)
『パロマー』,イタロ・カルヴィーノ著,和田忠彦訳,松籟社(イタリア叢書)
『遠ざかる家』,イタロ・カルヴィーノ著, 和田忠彦訳,松籟社(イタリア叢書)

『サン・ジョヴァンニの道―書かれなかった“自伝”』,イタロ・カルヴィーノ著,和田忠彦訳,朝日新聞社
『水に流して―カルヴィーノ文学・社会評論集』,イタロ・カルヴィーノ著,和田忠彦・ 橋本勝雄・大辻康子訳,朝日新聞社


『南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて』,松岡環編著,,社会評論社
[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-24 11:43 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列20121023

『龍がのぼるとき』,村上新一郎著,,講談社

『敗戦後論』,加藤典洋著,,筑摩書房(文庫)
『戦後責任論』,高橋哲哉著,,講談社(学術文庫)
『戦犯裁判と性暴力』,内海愛子・高橋哲哉編,,緑風出版
『加害の精神構造と戦後責任』,池田恵理子・大越愛子編,,緑風出版
『「慰安婦」・戦時性暴力の実態(1)』,金富子・宋連玉編,,緑風出版
『「慰安婦」・戦時性暴力の実態(2)』,西野瑠美子・林博史編,,緑風出版
『女性国際戦犯法廷の全記録(1)』,松井やより・西野瑠美子・金富子・林博史・川口和子・東澤靖編,,緑風出版
『女性国際戦犯法廷の全記録(2)』,松井やより・西野瑠美子・金富子・林博史・川口和子・東澤靖編,,緑風出版

『法と国家の死滅』増補第2版,沼田稲次郎著,,法律文化社

『秋瑾 火焔の女』,山崎厚子著,,河出書房新社

『格差社会論はウソである』,増田悦佐著,,PHP研究所

『侵略の生態学』,チャールズ・S・エルトン著,川那部浩哉・安部琢哉・大沢秀行訳,思索社

『まぼろし国・満洲』,江成常夫著,,新潮社


『全体主義の起原(1)』,ハナ・アーレント著,大久保和郎訳,みすず書房
『全体主義の起原(2)』,ハナ・アーレント著,大島通義・大島かおり訳,みすず書房
『全体主義の起原(3)』,ハナ・アーレント著,大島通義・大島かおり訳,みすず書房

[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-23 12:19 | ただいま気になる本

読みたい本の羅列20121022

『津田左右吉の思想史的研究』,家永三郎著,,岩波書店
[PR]

by Pariszoukonu | 2012-10-22 00:25 | ただいま気になる本